当施設では美容鍼灸はお顔の身体の小さなそれぞれの新陳代謝の弱かった箇所が巡ったり軽い好転反応が起こった結果、

綺麗なお顔を得られていくと考えて居ります。それも東洋医学的、経絡的な整えが成功する事に依り

顔艶が良くなる点がまさにこれです。その事に尽きます。当施設の美容鍼灸はまずもってこの点に重きを置いて居ります。

美容鍼は様々なお店で受ける事が可能ですが、痛く無くお顔を身体を整えて行った結果

お顔が好転して行くと考えるお店は皆無に等しい様で、

大体がほうれい線や局部に刺して皮膚を傷つける事によってその再生する力で変化して行くという事が一番大切と考えて居るのが殆どの様です。

ところが当施設ではあまりその様な事には重点は於いて居らず、やはり東洋医学的な経絡を整える事に重きを置き東洋医学で言う本治法にまずは依りお顔が良い方に変化して行き、

そこに気になる箇所の変化に施術して行く事が標治法に当たると考え東洋医学の基本原則から逸脱しない範囲で美容鍼灸も行って居ります。そして、たとえ「東洋医学的に」と申しましても

いくらでも理屈や文章だけを並べて説明する事は可能ですし、口先上での説明はいくらでも弁が立ちます。そして言葉や理論の怖い所は

綺麗にまとまってしまう為、きちんと観察や研究をしないでしまう点、通称頭でっかちになってしまう事だと思います。その方が見栄えも良く

これに多くの人たちは騙されてしまいます。活性化と言っても果たしてそれが本当に東洋医学的な鍼灸の施術に基づいたものなのか?

と言う事は素人の皆様には知る由もない事だと思います。素人の皆様は「変われば何でもよいのではないか」と思われるかもしれません。しかし、臨床上「良い変わり方」と「そうではない変わり方」

があると思います。まず、術者がその事を知らなければいけないと思います。

また、一人一人の体質を分析もせずに一般的に効果があるとされるツボに刺してだけで「体質を改善した」とか「東洋医学的な施術だ」と考える事は大いなる間違いであり、

それは体を整えるどころか乱してしまうのです。その理由は術者自身が生きて働いて居るツボとそうではない所の違いを知らないからです。

この様なものを「東洋医学的に整える」とは決して言わないのです。東洋医学の鍼灸風に装って居るだけになります。術への

こだわりがまるで無く東洋医学に基づいた調整でも施術とは呼べないものが沢山あります。

当施設では単に美容鍼灸がお顔のシワや弛みを取るだけの道具や手段としては決して考えて居りません。また、その方がお顔の色艶や仕上がりが大変綺麗に仕上がるので

「流石東洋医学だな」と私も感じて居ります。そこで最近特に力を入れて居るのが「てい鍼」と言って先の丸い棒状の鍼を使用してお顔の気の調整を行って行くのです。

これ1本で小顔に浮腫みを取って行けるのですからね。やはり1本で変えて行けないといけませんよね。鍼灸師は。その様に私は考えて居るものですからとても楽しく私も美容鍼を行って居ります。

刺す事にばかりこだわって居りませんか?皆さん。鍼は刺した方が良く聞くと思ってはいませんか?それも出来るだけ太い鍼を刺した方が良いとか最大限強い刺激を加えた方が

良いと思っては居りませんか?毎回私も行って居りますが、そもそも論、鍼は活性化し免疫力を上げるものでして、

整形の様に気になる小じわや弛みを取るためだけの道具に過ぎないと考えるのは本来の鍼灸の喜びを7割損して居ると思います。勿体ない事です。当施設では「身体を整え必要最小限の刺激を加えて行った結果

驚くほどに緩解して驚いた!」というコンセプトで美容鍼を行って居ります。鍼灸はそもそも論、整形とは違うのです。

決して刺す事だけが全てでは無いという事を知っておいた方が良いと思います。そして、やはり

皆さん奥深い筋肉ばかりを意識しますね。しかし、意外に大切な反応は浅く出るものです。

また、だからと言って切皮(せっぴ)のみでお顔を叩く様な施術もちょっと当施設の考え方とは違います。これも皮膚の表面は浅く刺す訳です。皮膚の浅い部分に注目して居る点は

確かに素晴らしいとは思いますが浅く刺した結果、表皮に傷をつけてその再生する力でと考える点は当施設の考え方とはちょっと違います。

別に刺すこと自体が問題なのではありませんが、「ちょっとは刺さないと」とか「少しでも刺しておけば無難」という様な所謂、楽をする様な観察をしない考えない

「逃げ腰」の姿勢で行う事が一番良くない事だと思います。

美容鍼灸を行った結果、良き自然なお顔や身体の変化を得られ、スッキリし尚且つ体調も上がって行くというものが美容鍼灸の究極の目標ではないかと思います。

お顔のみに囚われ変化した事がああだこうだ言って居るうちはまだまだだと思います。素人の皆様は分からないかも知れませんが、鍼を刺す事で何かしら変化する事は当たり前なのですから。

それをいかに最大限良き変調を起こさせるかが重要です。それは先ほども書いた様にそもそも論整形とは違うのです。例え美容鍼であってもです。

なので「鍼を利用して整形のように顔を変えよう」と考えるのは私は間違いだと思います。「プチ整形」と呼んで居るのが美容鍼では正確には限度ではないかと思います。

美容鍼は免疫力の活性化や自律神経を整える事が役割です。その結果お顔に好転が見られます。なので本来の鍼灸の考えから逸脱しない事、更には当施設では東洋医学的な考え方を

中心に行う事を大切にして居ります。

 

仙台駅、仙台市近郊で美容鍼灸を探して居る方へ

美容鍼灸を通じて身体の中からキレイになりませんか?そのためにはお顔の局部のみに囚われるよりもお身体全体から考えた方が近道な事も実は沢山あるのです。

整形や他の美容鍼であまり納得できなかった方や痛みを味わった方には是非土田はり灸院の美容鍼灸を体験して欲しいです。そんな方のお越しご相談をお待ちして居ります!