よく美容鍼と言うと「深く筋肉に刺す事」が代名詞の様に考えられて居る方が多く、美容鍼を行う施術家自身もその様に考えて居る方が多いみたいです。しかし私はその様には考えて居りません。

筋肉に刺さないとさも意味が無い様に考える事は間違って居ると思います。よく「表情筋」と聞きますが、確かにお顔のたるみの原因の一つに表情筋の緩みはあります。

しかし、だからと言って表情筋のみしか考えられないのではレベルが低いと言わざるを得ません。よく美容鍼を小顔にする手段と勘違いして居る人が多いみたいですが、

決してその様な事はありません。鍼をお顔に行い整った結果小顔になる訳です。そしてその整うという事について表情筋だけ引き締まる事しか考えられないのは

鍼灸師として失格だと思います。その他、リンパの流れや血液循環、神経伝達物質等の事まで考える事が普通だと思います。それによりお顔が美顔化されて行く事は誰にでもわかりますよね。

それを経絡で表現しても良く、当施設の美容鍼は東洋医学的な経絡を主とした美容鍼を展開して居ります。なのでお顔の表面を決して侮る事はありません。そしてなるべく痛く無くそして

施術後に光る、透き通る様なお顔を拘りとして居るので、すぐさまお顔が小さくなったかどうかと言う事は問題として居りません。直ぐに作り上げたものはお顔でも崩れやすい。これは紛れもない事実。

時間を掛けて創り上げたものはその様に流れも仕組みも変えて居るので良い結果が長く続きお顔に良い癖付けをするのです。その事を主眼に置いて居る当施設の美容鍼ですが、表情筋に刺す事が美容鍼で

顔を小さくしたり小じわを直ぐ消す事が美容鍼と勘違いして居る人が多く、表皮は全く気にされて居無い事に驚きました!小じわだって表皮から遡って施術して行く事が重要ですし、

要は新陳代謝が落ちて居る事が問題な訳で、その外界との皮膚呼吸ホールとしてツボがあります。そのツボを利用せずして一体お顔の何に気を配って居るのかと言う事です。

とても勿体無い気がしてなりません。ツボと言っても教科書通り決まり切ったツボだけではありません。生きて働いて居るツボを見つけるのです。その様に表皮には様々な情報を持って居ます。

それを当施設では先の丸い棒の様な鍼で整えて行くのです。これで結構変わるのです。更に脈を診て弱い経絡、虚性の邪のある経絡を見つけ出して丁度、水道の蛇口で例えればちょぼちょぼだった

流れを中ぐらいに流れるようにしていきます。その結果お顔の色艶が表情筋のみしか考えなかった痛々しいものとは出来栄えが違います。

やはり浅い所を侮る浅はかな知識では大損をするという事です。

浅い所、浅い所を見つける努力をしてみて下さい。ニキビや吹き出物もみんな浅い所の反応です。浅い所には沢山のヒントが隠されて居ります。

仙台近郊やそれ以外の方へ

その様な考えで当施設では美容鍼を行って居ります。どこにもないオリジナル美容鍼。気になる方は一度お試しください!初めての方も大歓迎ですよ!痛く無いので安心です!

美容鍼をお探しの方、今まで美容鍼を受けていたけれど痛くて挫折した方、ぜひウチの美容鍼を試してみませんか?