生理前になるとお顔にニキビが出来たりあれる人は多いですね。

また、生理前の黄体期の時期にPMSという月経前症候群で悩む人は非常に多いと思います。

これらは毎月の事とは言え本人にとっては苦痛で何とかしたいと思って居る人も多いのが実情です。

そこにお顔の不調が出て来ると不思議と絶望感が漂ってくるのも月経前だからでしょう!通常、身体の調子が良いと

それ位笑って跳ね返せることを重く受け止めてしまうのです。なぜ、お顔迄も月経前に荒れてしまうかというとやはりホルモンバランスが乱れると

それだけ血液の動きやその他体を流れているリンパ等が不安定となるからです。それが気分等にも悪影響を及ぼしますし特に黄体ホルモンは別名プロジェステロン

とも呼ばれます。体温を上昇させたり皮脂油分を活性化させる働きもあるホルモンです。なので

お顔を潤して居る油分などにも影響が出てきます。過剰過ぎればニキビの原因となりますし、少なすぎれば乾燥肌、カサカサお顔となりそして肌が荒れやすくなります。

この様に、ホルモンバランスは体の中では無意識に意識しなくとも働いて居るホルモンです。女性の方々は目に見えないこの様な体の流れを大体の方は言葉でしゃべって説明すると

理解される方が殆どの様です。その理由としては毎月、個人差こそあれこの様な目に見えないホルモンの動きと向き合って居るからです。なので、肩凝りや腰痛だってお顔の小顔だって

ちょっと骨を動かして矯正されたりするものじゃないというのが分かると思います。また、例え美容鍼に於かれましてもただ筋肉を刺激する事しか考えない事は短絡的だとお分かりいただけると思います。

なので、この事をまず念頭に置きましょう!

さて、お顔に影響を及ぼして居る経絡とは一体なんぞやと言う事になると思われますが、全てです。主に働いて居る箇所はあるものののすべての内臓が関与し合いあって助け合っている

と言う事になるのです。なので、よく言われるのが例えば「腰に良く効くツボにお願いします」とか「精神に良く効くツボにお願いします」と言う事をよく言われます。

確かに反応の出て居るツボを探すのですが、きっとこの様におっしゃる背景には「決まって居るツボに刺せば効く」という前提で質問をされて居るのだと思いますが、

特効穴はあるものの、それ以上に生きて働いて居るツボを見つけないといけないのです。それは必ずしも言われて居る様な教科書通りのツボではないかもしれないのです。

その理由は教科書通りのツボに対して何らかの助けや働きがあったかもしれずその様な反応を呈して居るのでそれを読み解かないと施術家はいけないという事なのです。

そこで施術家と一般の方との違いが出てきます。お顔の鍼だって同じなのです。決まりきった所に決まりきった深さだけ刺すのではなかなか思うような効果は出て来ません。

その様な事を念頭に美容鍼を行って居ります。

仙台近郊やそれ以外の方へ

当施設ではお顔の鍼の場合も必ず全体のホルモンバランスと東洋医学的の気のレベルを測定します。たとえお顔の美容鍼でも全身の身体のホルモン分泌とお顔、美顔には密接に関係があります。

既成の変化に溺れる事無くしっかり身体全体の事を学んで居る安心なところで美容鍼を受ける様心掛けましょう。土田はり灸院を是非ご利用下さい。

また、初めての方大歓迎です!是非一度お越しください!