美容鍼と東洋医学を融合させる発想は当施設は美容鍼の中でも一番最初の方のハシリだと思います。勿論、仙台市内では当施設だけでした。

その中でも当施設は経絡を整える事を美容鍼に真っ先に取り入れました。東洋医学の場合、経絡の他に特効穴やツボ、漢方薬、ハーブティーなどと融合させる事も出来ますが、

その様なお店もきっと探せばあるのではないでしょうか?

また、西洋風のエステなどの発想と美容鍼を合わせるお店もあります。色々増えて来て居りどれも大変素晴らしいと思いますね。その中でも当施設は経絡を取り入れました。

それは脈診、経絡を整える事をしっかり学んで来たという事を美容鍼に生かしたいという事と、

誰しもお顔に鍼を刺すのは怖いものです。経絡を整える時に私が学んだのは接触鍼と言って針を刺さずにツボを逃さずピンポイントで見つけ出し

深くは針は刺さないという施術法でした。指先の感覚がだいぶ鍛えられましたので「これを美容鍼に生かしたら凄い事になるかも」と思ったのです。

当時はまだ太い鍼しかない時代でしたので、

痛く無く怖くない鍼を考案しました。その様な理由から当施設のオリジナルの美容鍼が誕生しました。

経絡の流れを整える事はもう、その流れにシフトしているが、「これから矯正されて行く始まりであり序章」である。

よく、経絡を整えるとどう変わったのか確認したくなる方が居ります。透明感やキメの細かさ、人によっては浮腫みが取れ小顔に引き締まって来る人も居りますね。

しかし、あくまで、経絡の流れとは自己免疫力や自然治癒能力の一種なので今整えたからすぐに変わるかと言えば、その様なものでは決してないのです。

どちらかと言えば時間が経って変わっていくというものですので、出来ればその日はお酒を飲まない事や無理をしないなどの注意が必要です。

表皮が綺麗に整う「肺」の経絡

肺は表皮を主ります。肺虚証の体質の人は素肌のきめが細かい方が多く、刺激や太い鍼が苦手な傾向が強いです。経絡は体表を巡りますが特に「肺」の経絡は

その中で最も表側の浅い経絡を巡るのです。その様な方にはやはりその様な方に合った美容鍼の方法があります。

肌肉と表皮の概念をきちんと分けた美容鍼

肌肉や表情筋に強い刺激を与える事が美容鍼だと思って居りませんか?

深いところ深いところと考えがちですが、実は浅い表皮の反応や皮膚の締まり具合や状態の変化がお顔の健康にはとても重要です。

浅い部分の変化は意外に見逃されて居る事も多いのです。

肌肉になると脾経が関与します。お顔の吹き出物は脾経が関係する事が多く、お顔のむくみは脾経の他に腎経が強く関与する事も多いです。お顔が赤い場合は心経や心包経が関係し

表情筋が異常がある場合肝経や胆経の関与が多く、お顔の色が全体的に浅黒かったりクスミが濃い場合には肝経、腎経が強く関与居して居る事も多く東洋医学の五行式体表

通りの凄さに大変驚かされます。

仙台市近郊やそれ以外の方へ

当施設では上述の通りに、経絡を整える事と美容鍼をセットで行います。更に、全身の施術を一緒に行う「セットメニュー」で施術すると当施設の美容鍼は特に効果倍増ですので

セットメニューをお勧めします。この様な当施設の美容鍼を続けて受けて行ってあなたも人から羨ましがられる美人になりませんか?