美容鍼を受けるにあたって「メイクを落とす必要はありますか?」と言う事をよく聞かれます。

当施設ではたとえ刺さない美容鍼QUICKの接触鍼でもメイクをきちんと落として貰て居ります。

どうしても急いで居る場合や、部分的な施術の場合にご本人の希望でメイクの上から消毒を清拭して行う事もありますが、基本、メイクは落ちして貰います。

そして美容鍼を行った後に「メイクはしても大丈夫ですか?」と時々聞かれる事があります。

当施設も仙台市の中心部に位置して居るため急いで居る場合やこの後会合があって直ぐにメイクを付けないといけないという方も多くいらっしゃいます。

忙しい方も多い訳でその様な場合には本当は直ぐにメイクをするのとしないのとどちらが良いのかなどを説明したうえでメイクを付けてもらいます。

美容鍼後にメイクをする場合直ぐにメイクをするよりも時間を空けた方が良い

美容鍼後にメイクをする場合は少なくとも1時間は空けた方が良いとお伝えして居ります。また、出来れば半日くらいはメイクを行わない方が本当は良いのです。

お顔の皮膚が代謝が上がって居る時はなるべくフラットにして置く事が大切です。その時に皮膚呼吸をして皮膚が沢山の酸素を吸収して皮膚呼吸をし

お顔の細胞が活性化して代謝が上がっていきます。こんな時にメイクをしてしまうとお顔の皮膚に蓋をしてしまう事になるのでお顔の素肌の活性化、

新陳代謝が折角上がろうとして居るのを妨げてしまいます。

洗顔はどうか?

洗顔に於いては特に美容鍼後の直ぐの洗顔はご法度です。何故ならば折角整えたお顔の血液の流れ、経絡の流れ、リンパの流れがざぶんとお湯を掛けたり水を掛けられたりして

様々な刺激により御破算になってしまいます。体に行う鍼灸でも同じです。直後にお風呂に入ったりお酒を飲んだりすると折角鍼灸で整えた流れをご破算にしてしまうのです。

なのでお身体の鍼灸でも最低1時間は空けて貰って居ります。お顔の場合は美容鍼の直後の洗顔、入浴は

折角艶々になったお顔の素肌が突っ張ったり、逆に艶の無いお顔になってしまいます。そして素肌が元気のない様な素肌になってしまいます。

折角リフトアップしたお顔が逆にたるみの原因になったりします。なので、美容鍼直後の洗顔はなるべく行わない方が良いという事をお伝えして居ります。

洗顔やお風呂も美容鍼を行ってから最低1時間は空けて貰って居ります。しかし、1時間は最低と言う事で、一番良いのは6時間から半日くらい空ければ一番良い訳です。

しかし、寝る時間も考慮して夜遅い施術の場合にはこの辺りを考慮して3時間くらい空ける事が出来ればまずまずではないかと思います。逆に汗を沢山掻いて皮脂が毛穴に溜まって居る

状態を放置したりお顔が汚れている場合に洗顔をせずに寝てしまう事の

弊害を考えると程々に割り切って考える事が大切になりますので、無理をしないことも大切です。また、美容鍼を受ける時間帯も本来ですと良く考えこの辺りの事も考慮する事が

本来なら必要なのです。なので、時間が空いたから美容鍼を試してみようというのも良いのですが、きちんと前々から計画的に時間を決めて落ち着いて美容鍼を受ける事が

一番良い理由をお分かりいただけるのではないでしょうか?是非、参考にしていただければと思います。

s shutterstock 778800253 1 300x150 - 仙台の美容鍼灸院長の独り言 美容鍼の後の洗顔は大丈夫か?

仙台近郊やそれ以外の方へ

美容鍼の効果を最大限にすることはこの辺りの地道な計画が大切だったりするのです。お料理で言えば下ごしらえの様なものですね。また、お料理を作って

冷蔵庫で寝かせたりする時間でおいしいか否かの境界線になる事がありますが、美容鍼も鍼灸も似た要素がある訳です。

是非、皆さんも「下ごしらえ」や「寝かせ」を上手く利用し、少ない回数、少ない刺激で最大限の効果を発揮できる賢いお客様になってください!

仙台での美容鍼は土田はり灸院にお任せください!