shutterstock 139640477 1 200x300 - 仙台の美容鍼鍼灸院長の独り言 髪の毛を洗う頻度

よく、髪の毛を洗う頻度にはさまざまな説があり、

①「一日おきに洗った方が良い」と言う説や

②毎日洗い流し清潔にした方が良いという説

③1か月に一度でよいという説

④水やお湯だけで洗い流した方が良いという説

等、様々ですね。結局、「現代人は肌や髪の毛を洗い過ぎて却って体を悪くしていると考えられてもいるからなのです。

それは否めませんね。ヒトの皮膚にはバリアがきちんとあり、特にせっけんやシャンプー、洗顔料が無くてもずっと生きて来られました。

もともと我々の祖先である原始人と言われて居る方々は、皮膚のバリア機能がもっと活発に働いて居ったのでしょう!

現代は排気ガスや化学汚染物質が多い時代。それをどう考えるかで変わってくる

現代は原始時代と比べますと、化学汚染物質が多いことは事実だと思います。車の排気ガス等、様々ですね。そうすると、落ち難い汚れや物質が皮膚や頭皮に付くことは

想像が容易だと思います。それに、車や飛行機等の排気ガスには油分も霧状になって入って居ります。なので、通常の湯洗では無理です。それこそ発がん性物質が付いております。

花粉やアレルギー物質をキチンと洗い流す必要が

今の時代、アレルギーの人は増える一途にあります。それも花粉症PM2.5等も飛散し、出来れば家に上がる前には極力落としたい状況です。

一方、

髪を洗わない、石鹸やボディソープ等を使用しない湯シャン派の意見としては毎日シャンプーを使用していると皮膚や頭皮の細胞が入れ替わらないという考え

毎日シャンプーやボディーソープで洗い流してしまうと細胞が退化するという事なのでしょう!なので、退化させないためにも石鹸やシャンプーで洗いすぎは良くないという意見も。

しかし、シャンプーやボディーソープを推進派の中でも「自然由来」や「ノンシリコン」「洗顔フォームよりも固形石鹸の方が良い」などの意見が多数派ですね。

あまり家から出ない日が続く場合には、頻繁に洗う必要がない事も多いかもしれません。

あまり家から出ない方の場合は、その辺は逆に洗い過ぎない様に気を付けないといけませんね。

私の意見としては毎日きちんと石鹸やシャンプーを使用して洗い流す事が大切だと考えて居ります

私の意見としては、先に述べた通り、現代に生きて居るので、やはり周りに対する清潔感も大事だと思います。特に、多くの人に触れ合う場合、エチケットが大切です。

それに先ほども述べたとおりに花粉や犬の毛、PM2.5など、または、車の排気ガスなどが、霧状になって舞い降りているのです。

やはり毎日衣服も体も髪も石鹸やシャンプーを使用して洗い流す事が大切です。

しかし、ご注意を。石鹸やシャンプー、リンス、トリートメント、ボディーソープや洗顔料等は「すすぎ」をしっかりと行う事こそが何よりも大切!

そうです。シャンプーやボディーソープを使用したら、すすぎがしっかり行われることが大切です。頭皮にシャンプーやリンスが残ったままですと

皮膚にも良くありませんし、肝臓や体にも良くありません。特に怖い話をすると「界面活性剤」が大体のシャンプーボディーソープ等には入って居ると思いますが

体の中に入るという事です。厳密にいうと染みて体の中に入っていくのです。なので体に悪いわけです。しっかり洗い流す事が大切です。そして使いすぎに注意です。

これを考えると「シャンプー使わない派」の意見も頷けます。しかし、使うところは正しく使用して、きちんと洗い流すという方が良いと思います。排気ガスをべっとりついたままと

シャンプーの界面活性剤どちらが悪い?と根比べしているようなものです(笑)。それだったら良いとこどりとは違いますが、

正しく使用して中間位のリスクをとることが推奨されるでしょう!また、最近は、先に述べたとおりにシャンプーもボディーソープ等も自然由来の成分のものも沢山出ております。

それらを選択し清潔が一番だと考えております。

仙台近郊やそれ以外の方へ

やはり個人の価値観や意見の違いはありますが、清潔に保つ事は大切だと思います。

自然由来のシャンプーなどは高価なものも多いですが、それだけリスクを研究して作って居るのです。

科学の発展の恩恵を正しく利用して健やかな毎日を送りましょう!そして土田はり灸院の美容鍼、全身の鍼灸、をライフワークに取り入れていきましょう!

Untitled design 24 297x300 - 仙台の美容鍼鍼灸院長の独り言 髪の毛を洗う頻度