ほうれい線やお顔のタルミに悩む人はとても多いものです。皆さんはどうやって毎日ケアをして居るでしょうか?

そんな方には是非、美容鍼をお勧めします。ところで美容鍼を知ってますか?「やってみたいけれど・・・」お顔に鍼を刺すのが怖い

と思う人も多い事だろうと思います。しかし、思うほど痛くは無いのです。そしてとても細い鍼を使用します。

蚊の口先位の太さの物を使用して、しかも使い捨ての針を使用しますので衛生的にも安心です。

ほうれい線ですと、しわの溝の所に針を多数刺してほうれい線のシワの溝が浅くしたりします。

また、ほうれい線までは行かない溝も出来てはいないけれど「何となくほうれい線に見える様な気がする」と言う事は理解できるかと思います。

この様なケースはほうれい線の予備軍と呼んでます。口角から鼻の脇あたりに縦に伸びるしわ、口輪筋の溝などの影響です。溝までは出来てはいない物の

ほうれい線が出来る部分の皮膚の表面が色素沈着を起こすと目立ちやすくなってきます。こんな時には肌肉が血行不良を起こして居り、肌肉のハリが無く成りつつあるのです。

こんな時期を大事にする事で、早めに美容鍼を行う事で、少しでもほうれい線が形成される時期を遅らせたり、即、早い場合だと回復させる事がまだ出来る状態にあります。

なので、躊躇せず、早めに美容鍼を行う事が大切です。また、当施設ではほうれい線などの通常の美容鍼で使用する針が使える様な口輪筋の付近でも人によっては

表皮がキメが細かかったり、ほうれい線が浅かったり、内出血が出来やすい人などはピンセットで「皮内鍼」という短い細い鍼を使用し沢山刺して行きます。

そうする事で、痛く無く、しかも怖くなく、しかも内出血のリスクを極力減らす事に繋がります。

また、「小顔になりたい」という人もとても多いと思います。じゃあその逆に「大顔の状態とはどの様な状態?」という事ですが、

「大顔」とはあまり聞きませんね。結局、タルミや浮腫みなどの解決した結果の総称を美容を気に掛ける方は皆「小顔」と呼ぶのだと思います。

お顔のたるみは日々のケアが大切です。自分でフェイシャルマッサージを行ったり、洗顔時や洗顔後に意識してマッサージして行く事が大切です。

また、お顔の表情筋や肌肉のたるみだと思って居たら浮腫みだったという方も大勢いらっしゃいます。当施設殿の美容鍼でも、「お顔の浮腫み」の人が

大勢いらっしゃいます。お顔のリフトアップや小顔を目的とされている人たちの多くが「お顔の浮腫み」だったことが気が付いていない様ですね。

確かに肌肉のたるみもあるけれど、「お顔の浮腫み」も忘れてはいけません。パンパンに張って来る浮腫みもあるけれど、何となくお顔が

弛んでいる感じの浮腫みもあるからです。またタルミと浮腫みが半々に混ざっている人も沢山居りますね。

仙台近郊やそれ以外の方へ

当施設は美容鍼に於いても

東洋医学的見地からをベースに分析しながら、施術を行います。それにお顔の色艶や健康的な輝きが変わって来ます。