当施設では美容鍼の施術に合わせて必ず「LED美顔器」を照射を欠かさず行って居りますがそれには理由があります。

「LED美顔器は効果がよく分からない」という人が結構多いみたいですね。無理もないかと思います。

しかし、私も一番最初にLED美顔器を照射したときには同じく思いました。理由は

①エステ用や一般用だと医療用と違い光の強さが弱いために違いが分かり難い

②熱くも痛くも無くただ眩しいだけなので違いが分かり難い

だと思います。しかし、美容鍼の回数を重ねて行くにつれてやはり「LED美顔器の光の照射」が素肌に違いをもたらして居る事を

感じる様になって行きました。これは少しずつ続けて行かないと判らないかも知れません。しかし、必ずわかります。違いがありますよ。確かに。

ウチではお顔の鍼を行う前に「脈診で身体全体の経絡を整える」という事を必ず行って居りますが、それを行うとより違いが分かりやすくなるみたいです。

また、お顔に刺す前に必ず「表皮の接触鍼」を行う。刺す美容鍼と刺さない接触に依る美容鍼は役割が違います。

それらにプラスしてこの「LED美顔器シャワー」を当施設では照射する訳です。お肌の艶や輝きがより違います。

LED美顔器をお顔に当てて直ぐに変化は分かる人は少ないと思いますが、私も自分のお顔にLED美顔器を照射してみての感覚的な感想は

地味に表面的に変化が分かる感じです。ウチでは痛く無い安心出来る優しい美容鍼をモットーに行って居りますが

、美容鍼とLED美顔器を組み合わせる事で

「面白い結果になるのではないか!?」と美容鍼を始める前から思って居りました。

現代の科学が作った新しい技術と古典的な東洋医学の東西融合のコラボメニューを作りたかったのです。

美容鍼でお顔に鍼を刺して時間を置き、LED美顔器を照射して行くと素肌の透明感がだいぶ変わります。

更にLED美顔器には何種類かの色の光によって様々な違う働きがある様です。

例えば赤だと小じわを薄くする光だとか青い光だと脂性やニキビに良く、黄色だと乾燥肌に良いとか

それぞれの働きがあるのがまた面白い。本当に乾燥肌の人に青い光を当てるともっとカサカサになって行きました。これでLED美顔器の地味な効果を知ったのです。

侮るなかれです。

また、当施設では「円形脱毛症」の施術にも力を入れて居りますが、その時に赤のLED美顔器の光を使用します。

赤のLED美顔器の光には発毛促進の効果も確認されて居るそうです。最近ではパナソニックやアデランスなど育毛の老舗の某メーカーでは

シャープブランドのプラズマクラスターのマイナスイオンのに加えこの赤のLEDの光をプラスしたドライヤーが出て居ります。丁度、

私はシャワーヘッド型の遠赤外線のこたつの様な暖かい温風の出る火を使わない温灸器を考案しその温風にマイナスイオンが出るのとLED美顔器や太陽灯など何種類かの光が

出て美顔や全身に良い健康器を考えて居た所でしたので、全く関係はありませんが、

似た様な発想の商品が世の人達に使われて行く事を思うと嬉しい気持ちでした。また、

LEDは農業の分野でもビニールハウス栽培などの光などでも取り入れられて居ります。

また、お顔の美顔や発毛に必要な光は照明器具としてのLEDの光では全く効かないそうです

ちゃんと光線の周波数と言うのかチャンネルというのか波長があるそうです。そりゃそうですね。

また、LED美顔器の光の色によっても働きが違うらしいです。

当施設ではこんな美容鍼を行って居ります。

仙台駅から徒歩6分の優しく痛く無い美容鍼、リフトアップは土田はり灸院へ