FLOW 流れ

具体的に、どのような施術なのですか?

刺さないで行う鍼を接触鍼(せっしょくしん)と言いますが、その名の通り一切刺さずに、表面の皮膚に接触させて施術をを行っていくものを言います。鍼は柔らかく、良くしなる銀鍼の柔らかいものを使用します。

通常の美容鍼とどこが違いますか?

接触鍼による全身の調整経絡治療付きで、接触鍼による刺さない美容鍼という点が一番の違いです。当院で発案しました。鍼を刺すというイメージだけで怖い人もいると思います。そんな方でも「接触による刺さない鍼」というだけで受けやすいのではないかと思います。また、独特の鍼の手さばきにより小じわなど刺す場合では難しい所の改善も効果的なのでfullのバージョンの時にも必ずこの「接触による刺さない鍼」で表面を整えてから必ず刺していきます。

治療の流れ

1
まず、全身の脈を拝見し、 身体全体の状態を確認します。
2
消毒をし、それぞれの体に必要な 手足の末端のツボを使い、 全身の調整を行います。
3
最初に右側だけを行い、どれだけ変化しているのかを手鏡で 確認して頂きます。みんな口々に「凄い!」の一言!

顔のツボ、反応点、シワ、くすみ、たるみなど、気になる所に、消毒をしてから接触程度の鍼を行っていきます。 この時最初に右側だけを行い、どれだけ変化しているのかを手鏡をお渡ししまず確認して頂きます。 みんな口々に「凄い!」の一言です。 そして左側も同様に行い、違いを体感しながらの施術となります。この時、目に見えてタルミがなくなる事が多く、「違いを体感しながら治療が進められて行くのが楽しい」と大好評です。

4
鍼で整えた表情筋を軽くマッサージ していきます。
5
3種類の光によるLED美顔器で照射していきます。

LEDは近年、細胞レベルにまで光が届き、活性化する事で、美顔に効果が認められ、美容外科やエステで取り入れられ、注目を集めています。 赤黄は肌質改善、赤はシワと弾力アップ、黄はシミ、ストレス肌に効果があります。

たとえ浅い鍼であっても感染によるにきびや吹き出物を予防する観点からも当院では消毒を徹底しております。メイクされている方は落として頂く形となりますので、出来ればメイクは落として来院された方がよろしいかと思います。
また、簡単なメイク落とし等は当院でもご準備しておりますが、使い慣れたものをご利用になられた方がお肌にもよろしいと思いますので、メイクを落として来院できない場合にはご自分の使い慣れたメイク落としをご持参された方がよろしいと思います。
また、当院でのお顔の施術時の「消毒」は敏感なお顔の為に刺激の弱い化粧水の入った消毒液を使用しております。中にはそれでも敏感な方がおりますので心配な方は施術前にお気軽にご相談ください。


治療の流れ

1
刺さない美容鍼quickの内容を一通り終えた後、このfullのコースでは更に深く筋肉に鍼を刺してより強力な効果を引き出すためのアプローチしていきます。

刺さない美容鍼quickと比べると効果は断然、こちらのfullの方が強力な効果が期待出来ます。その針の本数は頭から顔まで合わせてまず、80本打ちます。当院の美容鍼は世界で一番細いと言われている日本製の鍼を使用しております。鍼を大幅に細くし、その分、本数を多くする事で安全にしかも効果を補う事に成功しました。使用する鍼は材質的にも効率良く刺さり、皮膚を不必要に傷つけることなく、内出血のリスクを大幅に軽減する事にも成功しました。
※鍼の本数は30本毎に1000円でどこまでも増やす事が出来ます。

2
通常、目じりの小じわに対しては眼輪筋や遠隔の筋肉よりアプローチする事が多いと思います。

そして、頬などに刺す様な鍼を目じりなど細かな部分に刺す事は効果が少ないばかりか却って内出血等、危険の元です。そこの問題を当院は目じりなどの危険な微細な部分の小じわに対してのアプローチは更に柔らかな銀鍼による接触によるアプローチともう一つは「皮内鍼」(ひないしん)という更に超極細鍼をピンセットにて沢山の本数を問題の箇所に埋め込んでいきます。当院ではこの皮内鍼を使用してから目じりや極微細な箇所に対するアプローチの成績は格段に上がりました。目じり以外にも額、ほうれい線、鼻唇溝、頸の前面など、頑固な小じわなど、問題の箇所に対してピンセットで多数埋め込み、アプローチしていきます。

3
鼻唇溝の付近には年齢を重ねる毎に実は見えないけれども薄く薄く縦ジワが付いてくるものです。

そして気が付いた時にはとてもショックな気持ちになります。でも大丈夫。当院ではこの鍼の刺し難い「鼻唇溝の縦ジワ」にも皮内鍼で強力にアプローチしていきます。


4
顎から耳の後ろ側のタレ、たるみが気になる方はとても多いと思います。

顎にもしっかり鍼を刺していきます。程度によって深さ、本数、鍼の太さは調整していきます。

5
ほうれい線も程度によって深さ、本数、鍼の太さを調整していきます。

人によっては皮膚が薄く、ほうれい線も非常に細く、鍼を深く刺す事が相応しくない場合もあります。そんな時は皮内鍼を使用していきます。皮内鍼の場合は、繊細な場所でも沢山の本数でアプローチする事が出来、繊細な場所でも効果を出す事が出来るのです。

6
当院では必ず美容鍼では「頭への刺鍼」は必ず行っております。

なぜなら頭の筋肉は所謂お顔の「表情筋」に対してリフトアップを支える重要な役割があるからです。頭皮に刺鍼する場合も、太さ、本数などの刺激量は調整していきます。

7
LED美顔器は色によって様々な効果効能の違いがあります。

赤は小じわ、薄毛の発毛促進に、黄色は肌の活性化、シミ、そばかすなどに、ブルーは脂性、ニキビ、発赤などに効果があります。以外に強い効果があるこのLEDライトですが、乾燥肌の人に脂性用のブルーのライトを照射すると乾燥肌がより一層進むなどそれ位効果が強いので慎重に用いますが、正しく使用し、しかも鍼との組み合わせにより相当の効果を引き出す事に成功しました。鍼の古典的技術とLEDの近代技術の融合、アンサンブルをお楽しみください!